ローカルのフォルダをgitのpush先(remote repository)として設定する

  • 2020.11.21
  • 2021.01.24
  • git
NO IMAGE

githubの立ち上げが面倒。
後悔したくないソースもあるしなぁ。
githubをprivateにするのも面倒。

ただファイルをgitで管理したいだけ。
それならローカルでいいのでは?
と思い、やってみたら簡単にできました。

一通りgitの使い方の復習がてら流れもついでに書いておきました。

ローカルにpush先のフォルダを作成しておく


push先(リモートリポジトリ)のフォルダを作成します。
コマンドから作りました。

$ mkdir git-remote-repository
$ cd git-remote-repository
$ mkdir hogeapp.git

`.git` はリモートリポジトリのディレクトリにはつけるのが慣習らしい。

ファイルさえ作っちゃえば、あとはリモート先として設定するだけ。

git init / add / commit

ファイル構成はこんな感じとします。

hogeapp
  └── src
      └── main.py


本来のgitで管理したいhogeappの方に移動します。

$ cd work-space/hogeapp

gitで管理したいので初期化を行う。

$ git init

addしてcommitまで作っておきます。

$ git add .
$ git commit -m "first commit"

gitのリモート先として設定

ー応リモート先が設定されていないことを確認してみる。

$ git remote -v

設定されていなければ特に何も表示されないはずです。
設定されている場合は、リモート先の変更をする必要があります。

リモート先の追加コマンドは 、

$ git remote add origin <path>

を使用します。
<path>を変えてあげるだけです。

今回作成したローカルのファイルパスを指定しましょう。
私の場合こんな感じになります。

$ git remote add origin /Users/user/git-remote-repository/hogeapp.git


もう一度リモート先の確認をしてみましょう。

$ git remote -v

今度はリモート先が表示されました。

origin /Users/user/git-remote-repository/hogeapp.git (fetch)
origin /Users/user/git-remote-repository/hogeapp.git (push)

git push


先ほどaddしてcommitをしたファイルを
設定したpathに実際にpushしてみます。

$ git push origin master

master -> master
みたいなのが表示されていればpush成功でしょうか。

remote先の変更


一度設定したリモート先を変更する場合。

$ git remote set-url origin <path>


以上、ローカルファイルでgit管理をする設定方法でした

0

gitカテゴリの最新記事