Input OutputのADAステークについての画像ツイート翻訳

  • 2022.08.06
  • ADA
Input OutputのADAステークについての画像ツイート翻訳

Input Outputの画像ツイートを読みたくて、翻訳した記事です。
ツイートにある画像8枚分の翻訳した内容となります。

ツイート翻訳

カルダノのステークプール運営者は、カルダノネットワークを支え、
ブロックを生成するノード(サーバー)を運営することで報酬を得ることができます。
同時に、ADA委任者はステーキングを行うことで報酬を得ることができます。

その仕組みを5つの簡単なステップでご紹介します👇

ADAのステークについて

カルダノブロックチェーンの検証に協力することで、ADA報酬を獲得することができます。

ここで必要なことの説明

ADAをステーキングすることで、非管理型コンセンサスメカニズムを用いてブロックチェーン上の取引を検証し、ネットワークにセキュリティを加え、Cardanoの分散化に貢献することができます。

Step 1 ステークプールへのADA委任

まずカルダノと互換性のあるウォレットでADAを保有します
(ウォレット一覧: Daedalus、Yoroi、Nami、Eternal、Typhon、Flint、Gero、C-Wallet、Adaliteなど)

次に、ウォレットの「ステーキング」タブを使用して委任するプールを決めるか、コミュニティウェブサイト(adatools.io, pooltool.io, cardanoscan.io, pool.pm)を使用して、情報を元に委任するプールを決めましょう。

最後にADAをプールに委任します。

Step 2 ステーク有効確認

ステーキング報酬は、委任したプールがブロックを生成した場合、20~25日以内に自動的に配布されます。

カルダノの時間は「エポック」と呼ばれる5日単位で分割されています。

報酬を得るには、ブロック生成エポック開始の5日前に委任をしておく必要があります。
これらの報酬は、獲得したエポックの終了から10日後に自動的に分配されます。

Step 3 カルダノネットワークに参加して報酬を得る

カルダノのProof of Stake(PoS)コンセンサスメカニズムであるウロボロスは、プールのReturn On Stake(ROS)%とステークされたADAの量に応じて、その後のエポックにおいて報酬を計算します。

ステーク報酬は、プールがブロック生成をしている限り5日ごとに自動的に分配されます。

報酬は自動的にステークに追加され、自動的に再ステークされます。

これらの報酬はいつでも引き出すことができますが、報酬を放棄することなく、都合の良いときまで待つこともできます。

Step 4 カルダノ対応ウォレットでADAをステーキングするメリット

ステーキングはカルダノ上で流動的です。カルダノネイティブウォレットで委任する場合、いつでもステークを引き出したり、他のプールに委任を移動させたりすることができます。

ADAの親権は保有者自身にあります。

すべてのカルダノネイティブトークン(CNT)には、トークンの価値とは無関係に、最低限必要な量のADAが添付されています。これにより、CNTのADAを委任し、特定のプロジェクトのトークンを所定のプールに委任することで報酬を得ることができるInitial Stake Pool Offering(ISPO)に参加することができるようになります。

これらの報酬はいつでも引き出すことができますが、報酬を放棄することなく、都合の良いときまで待つこともできます。

Step 5 選択したステークプールを確認する

最終的に、ステーキングはプールが正しく動作しているかどうかを検証することです。

Step 1で紹介したコミュニティサイトを使って、
プールが定期的にブロックを生成しているかどうかを確認します。

もしプールが飽和状態になったら、他のプールに委任移動した方がいいかもしれません。

It’s that simple

カルダノブロックチェーンを検証していただき、ありがとうございます。

注:このインフォグラフィックで表現されているガイドラインは教育目的のみのものであり、いかなる形の金融、投資、法的アドバイスも提供するものではありません。

NKR ADA POOLをよろしくお願いします

【 NKR ADA POOL 】は日々のプールの運営状況やカルダノについてのことをTwitterで発信をしているので、フォローしていただければTwitter上からでも確認できます!

HOMEの方でも、プール運営について記載しておりますので良かったらご覧ください

NKRカルダノステークプール
目次 1. NKR ADA POOL 1.1. 実績 1.2. マージン・運用コスト 1.3. プール運営 1.4. サーバースペック 1.5. カルダノノード…
kazunaka.com

最後まで読んでいただきありがとうございました!

0

ADAカテゴリの最新記事